ブログ

令和元年

こんばんは、佐々木です。

 

ダウンロード (1)

元年となりました。

新しい時代の幕開けです。

皆さまよろしくお願いしますm(__)m

_____________________________________________________

___________________

【先月のランキング】

http://www.y-pg.com/ranking.php

__________________

 

 

そして皆様この10連休・・やはりかなり大多数の世帯が旅行に行かれてるのですね^^

当店、常連さん多数・・電話しても「家族サービス中・・帰ったら折り返す」と(-_-;)

無神経なお電話してしまい、誠に申し訳ございませんでした。

そりゃ・・そうですよね・・こんだけ長けりゃ家族サービスしますわな( 一一)

この連休後がとても怖いですね💦

皆さんお金使い切っちゃってるとか??(*ノωノ)

「宵越しの金」ちゃ~んと残して5月もよろしくお願いします(笑)

 

 

 

さてこの「令和元年」に俺的に思うことがあってこれまたちょっとした経済的な

お話になっちゃうんだけども

「アダルト税」なるものを国が税収益の一部としてとったらどうだ?ってことを

思ったりする。

いやね、

ちょっと前に旅行の話で「イタリア」をちょいと調べてたらなんと

2008年からイタリアでは「ポルノ税」なるものが導入されて

世界的に話題になってるんだって♡

なんて柔軟な考え方なんだろうか・・と一瞬では思いました。

(佐々木は気づくのが遅かった💦)

はい!そして当時のイタリア首相は誰だったかと言うとこの人!

ダウンロード

その名も、シルビオ・ベルルスコーニ!

性欲旺盛な首相だったようです。

(詳しくはググってみて下さい)検索ね検索。

 

イタリアのベルルスコーニ首相によって導入されたポルノ税。

「ポルノっていっても、ホントはエッチなもののことじゃないんでしょ?」

なんて勘ぐってしまいますが、ポルノはそのままの意味でポルノですよ。

エッチな映画やDVDといった映像はもちろんのこと、性的な情報を掲載した

新聞や雑誌なども対象になっているんだそうで税率は、なんと一律25%

なぜ、このような政策がとられたかというと、ポルノを締め出すことが目的ではなくて

このポルノ税、実はイタリアの深刻な経済危機対策の一環として行われたらしく

巨額の財政赤字を抱えていた当時のイタリアでは

ポルノ産業の売上が10億ユーロ(日本円で約1110億円)と言われていたんだそうです!

その売上の25パーセントが税金として徴収できるとあれば

これは確かに大きな財源になりますよね?

お酒やタバコの税収例からもわかるように

そもそも税金は趣味・嗜好品からかけていく傾向があります。

その中でもポルノが課税対象になったという話のようですね。

で、ここが肝なんですが・・

じゃぁ

日本でも導入したら、税収入はどれくらい?

だと思いますか??^^

日本での性風俗を含んだポルノ産業の売上は、約5兆6000億円と言われているんだそうです。

しかも、日本人がポルノにかける支出はなんと世界2位なんですって(笑)

さすが!健全な日本男児ー!!

仮に約6兆円として計算したとき、イタリアと同じように25パーセントの税率を課せば

いくらになるのか??

なんと年間1兆5000億円の税収となる計算になります。

あくまでも25%での計算ね^^;

俺が今最も気にしているのが少子化問題。。じゃぁ

これを少子高齢化が問題になっている社会福祉などにあてたら??

皆さんどう思います??

ある程度の多くの問題が解消できます。

 

その一方で、安易なポルノ税の導入を問題視する声もあるようで・・

日本では性のサービスが多様であり、どこまでがポルノとするのか?線引きが

曖昧な部分が多いのが現状。

他の国では見られないようなポルノカテゴリーではなくでも

フェティシズム・・いわゆる性的魅力を煽るような写真集が

一般向けの書棚に並んでいるのがここ日本です。そのあたりのすみ分け、

そして誰がポルノか否かを判断するのか??

日本でポルノ税を導入する際のネックになる材料はめっちゃあるんですね。

また、日本では風俗業界などの運営者が無申告で始める業者がとても多いのも問題です。

(ちなみに当店はしっかり青色申告です)

ほかの業界にはある「納税証明書」の提出義務もなく、全体的にユルい運営が黙認されている

傾向にあるのが現状で正直に申告することによって、高額な税金が課せられるとしたら・・

ますます無申告や、脱税が増えてしまう恐れもあり最悪の場合は

新たな税金を課したのに徴収額が減った?という事態も考えられます。

なのでまずはアダルト・・ポルノ業界の整備をして、

そして税収庁舎を設立し

さらに納得できる適正な税率を導入するなど多大な準備が必要になるとは

思いますがやる価値はあると思うんだよな(-_-;)

そしてこれはすなわち何を意味するかと言うとこの先の風俗業界の進展です。

税収見込みが莫大であるので「営業の衰退」から「営業の繁栄」へと進展させて

くれる政府の動きに期待ってことね。

今回は税収の観点からこの風俗業界の未来を考えましたが

他の視点・角度から見て考えたってこの業界は必ず未来において必ず

「必要」な業界です。

どこか頭が柔軟な政治家はおらんかね?(-_-;)

まぁ・・いずれにせよ日本でポルノ税を導入するには

クリアすべきさまざまな問題が多数あります。

日本でもイタリアのような財政難まっただ中。

本格的にポルノ税を討議される日もそう遠くないかもしれませんね。。

 

令和元年・・皆様何卒よろしくお願い申し上げます。

 

本日はここまで

ありがとうございました。

 

 

______________________________

太田副店長、なんか面白いの発見^^

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000042760.html

ストレス発散できますね^^

浅草にあるみたいなんで是非^^

______________________________

 

2019-05-01 | Posted in ブログNo Comments » 
Comment





Comment